中小企業1000社を超えるサポート実績
WEB販促のプロ"吉田英樹"がお贈りする
小さな会社のためのWEBマーケティング
ウェブマーケティング会社の株式会社アド・プロモート
0120-948-275 アド・プロモート
HOME
HOME > 動画で解説WEBマーケティング講座 > №016:インバウンドマーケティング
№016:インバウンドマーケティング
2016年06月10日
Amebaなうで紹介

そろそろ講座にも慣れてきた事だと思います。

どんどん行ますよ~横文字オンパレード!!!

今回はこれです!

y4「インバウンドマーケティング」

さて、なんの事でしょ?
例えば・・・

不細工な私よっしーは新宿でナンパをしても100%の確率で無視されていたとしましょう!

何とかかわいい女性をGETしたい!

そう本気で思ったよっしーは「整形施術」をして超イケメンになったとしましょう!

すると??

今まで見向きもしなかった女性たちがどんどん寄って来て

「キャー~かっこいいですね~私と付き合ってください!」

と、言ってもらえるようになったのでした~

これぞ「インバウンドマーケティング」でございます。

c1

完全に嘘です・・・すみませんでした。

インバウンドマーケティングとはウェブ広告などで無理やりページを宣伝するのではなく、有益なコンテンツページを作成してユーザーにそのページを見つけてもらい、シェアしてもらえるようにすること。ページを見て欲しい理想のユーザーに魅力的な情報を提供しファンを作ってゆくことです。

「人間」も「ウェブサイト」も見た目じゃなく中身重視って事が言いたかったのでございます。

inbound3

インバウンドマーケティングとは中身重視のマーケティングって事ですね!

 

インバウンドマーケティングが最近になって注目され始めた理由

インターネット、スマホの急速な普及により、私たちは検索等で情報を気軽に仕入れる事ができるようになりました。更にSNS等で情報は「お腹いっぱい」届くようになりました。そんな時代に

「見て見て~」と、広告情報の押し売りをされたら??

inbound4

うざいの一言に尽きます!!

ひたすらプッシュ営業を続けて、お客様になる可能性の少ない相手に一生懸命アピール(押し売り)し、何とか自社商品の素晴らしさに気づいてもらいたい!という昭和のど根性営業理論はもう古すぎます!

「押し売り」は頑張れば頑張るほど嫌われ「ストーカー」扱いされます!!

そんな非効率な事をする事よりも、すでに興味を持っているユーザーに見つけてもらえるように欲しい情報をシッカリと提供した方が100億倍「お互いの為」と思いませんか?

マーケティング=企業の情報の押し売り

と、なりがちな考えは脳みそから消してしまいましょう!

・・・

・・・

・・・

脳みそから消えましたか??

消えた人のみ引き続き講座を進めましょう!

インバウンドマーケティングを成功させるために必要な4つのポイント

inbound

これらすべてを手っ取り早く一度に伝える手法がランディングページを使ったLPO施策なのですが本来これらは一気に行うものではなく段階的に行なう事が理想です。

焦らずユーザーに合わせ4段階に分けると効果的なのです。

inbound2

これ
簡単なようでとても難しいです。

従来のマーケティングであれば企業中心予算ありきのプロモーションを実施し、そのプロモーションで釣れたユーザーをお客にして売上アップしよう!でしたが、これからはお客様のタイミングに合わせそれぞれの段階で必要とするコンテンツを、必要な時に最適な状態で届ける必要がある為です。

個人的に「これぞ理想のマーケティング」と思っています。

是非実践してみてくださいね~

次回講座につづく!






facebooktwtterLINE

Copyright (C)ad-promote All Rights Reserved.